いざという時に役に立つ!効率的なポータブル電源の選び方のポイントを解説

このサイトでは購入時に役立つような効率的なポータブル電源の選び方のポイントを解説しています。
アウトドアなど電源がない場所での使用はもちろん、地震が多い日本では災害時の電力供給に役立つため注目を集めています。
地震で停電が起きると復旧までに時間がかかってしまい、スマートフォンの充電がなくなると連絡手段も絶たれてしまいます。
そんな状況を支えてくれる頼もしいアイテムを、失敗せずに選ぶための情報をお届けします。

いざという時に役に立つ!効率的なポータブル電源の選び方のポイントを解説

ポータブル電源のはじめての購入では選び方が分からないことがあります。
とりあえずどれくらいの容量が使用できるのか、商品パッケージや説明などに記載されている電池容量を確認するのではないでしょうか。
気をつけたいのが、実際の使用では記載された電池容量全てを使えるわけではないということです。
ポータブル電源は使用に伴うディスプレイの表示や冷却ファンなどにも電力が消費されるからです。
実際に使用できる電力を確認することも大切です。

ポータブル電源を有効に活用できる場面とは

スマートフォンを使う時間も長くなり、外出中は電源の確保を気にするようになった人も多いのではないでしょうか。
自宅と会社を往復している人なら、両方に電源供給のアダプターを置いておけば比較的楽になります。
しかし遠出する事になり、電源を確保出来そうにない場所だった場合にはポータブル電源を活用する事になるのです。
ポータブル電源とは携帯出来る電源であり、車で言うならバッテリーの様なものと言えば分かりやすいかもしれません。
性能はそれぞれですが、大体スマートフォンを2回から4回ほどフル充電出来るぐらいは電気を蓄えておけます。
長めの外出時にも役立ちますが、不測の事態で災害などに遭った際にも、これがあればスマートフォンを長く使えるので役に立ちます。
ポータブル電源とはそういった、何かの時に助かるアイテムの一つと言えるでしょう。
一度充電すれば2日や3日もつ場合はいいのですが、一日も持たないぐらいバッテリーが弱っていた場合には必須となります。

ポータブル電源の性能を左右する種類とは

ポータブル電源には様々な製品がありますが、性能に着目すると気になるのはそれを左右する種類ではないでしょうか。
長時間使えたり繰り返し何度もスマホの充電ができるのは、バッテリー容量の数字が大きいポータブル電源です。
一般的に搭載されているのはリチウムイオン電池で、これだけでも十分に大容量に期待できます。
近年は性能と安全性が向上しているリチウムポリマー電池、高出力に対応するリン酸鉄リチウム電池もあるので、性能を重視するならこれらが狙い目です。
一方、定格出力は継続的に出力できる電力量の指標で、この数字以下の家電が使用できることを意味します。
冷暖房器具や調理家電などは消費電力量が大きい傾向ですから、使用したい家電のマニュアルを確認して、ポータブル電源も定格出力に余裕のある製品を選びたいところです。
ポータブル電源の性能を左右する種類には他にも、コンセント以外に備えるUSBやシガーソケットの有無や数だったり、瞬間的に増大する電力に対応するサージ出力、ソーラー充電対応の有無があてはまるのではないでしょうか。

ポータブル電源をキャンプで使用する際の選び方

ポータブル電源をキャンプで使用するなら、用途に合った製品を条件で絞り込むのが効率的ではないでしょうか。
キャンプは屋外で行うものですから、ポータブル電源には最低でも防水性能が求められます。
防水性能がないと雨が降った時に使えませんし、水が掛かったり水溜まりに落とすだけで壊れてしまう恐れがあります。
しかし防水なら雨や水を気にせずに使用できるので、常に電源として機能してくれることになります。
ポータブル電源には、温度特性というものがありますから、例えば寒さが厳しい冬に使うのであれば、その条件に合わせて選ぶことが不可欠です。
テントの外では氷点下になることもあるので、低温の具体的に何度まで対応するか確認すべきです。
逆にテント内で暖房を使う場合は温度が上がりますから、高温の温度範囲を確認する必要があります。
ポータブル電源は他にも。
対応する消費電力やコンセントの数、コンセント以外にUSBやその他の端子も備えているかなども要確認のポイントになるのではないでしょうか。

ポータブル電源を非常電源とする場合の選び方

ポータブル電源を非常電源として活用するつもりであれば、ポイントを理解して選ぶことが必要ではないでしょうか。
非常電源に求められることは何かといえば、やはり長時間使い続けられることです。
例えば照明が使えたり暖房や調理もできるポータブル電源だと、災害とそれによる停電が発生しても頼もしいです。
またポータブル電源は電力を使い切った場合の充電方法も重要で、複数の方法で充電できる方が使い勝手が良いといえます。
具体的にはコンセントに差すだけでなく、車のシガーソケットが使えたり太陽光で発電できるとより良いです。
これらの条件を統合すると、ポータブル電源は容量が大きくて太陽光発電もできるソーラーパネル内蔵、もしくはオプションが用意されている製品がベストということになります。
当然ながら大容量で高機能だと価格は上がりますし、予算には限りがあるので、予算と相談しながら予算内に収まる製品を絞り込み、比較して選ぶのが正解ではないでしょうか。

ポータブル電源に関する情報サイト
効率的なポータブル電源の選び方

このサイトでは購入時に役立つような効率的なポータブル電源の選び方のポイントを解説しています。アウトドアなど電源がない場所での使用はもちろん、地震が多い日本では災害時の電力供給に役立つため注目を集めています。地震で停電が起きると復旧までに時間がかかってしまい、スマートフォンの充電がなくなると連絡手段も絶たれてしまいます。そんな状況を支えてくれる頼もしいアイテムを、失敗せずに選ぶための情報をお届けします。

Search