いざという時に役に立つ!効率的なポータブル電源の選び方のポイントを解説

ポータブル電源が利用できない場所とは

ポータブル電源が利用できないとしたら、それはどういった場所かしっかり把握しておくことが大切ではないでしょうか。
ポータブル電源はコンセントで充電するのが基本ですから、コンセントがなかったりコンセントがあっても停電などが発生している場所では使えないです。
ただし、充電済みの電力については使用可能ですし、使い切るまで非常用電源として活躍します。
使用の意味でポータブル電源が使えないのは、メーカーが定める温度や湿度条件から外れる環境だったり、極端な高温や高湿度の場合です。
これらはバッテリーの劣化を招きますし、本来の性能が発揮できない恐れがあるので注意です。
何より基板がショートしたり、破損するリスクも高いと考えられますから、温度や湿度条件を無視することはできません。
ポータブル電源の充電ができないの意であれば、太陽光発電ができる環境を求めていて、まだ日が昇る前の時間帯だったり、日中でも曇空で太陽が出ていないケースが当てはまるのではないでしょうか。

ポータブル電源は容量制限に注意して安全に使用する

コンセントが付いているタイプのポータブル電源は、アウトドアのレジャーや災害時などに電源を確保するのに便利ですが、安心安全に使用するためには容量制限を守ることが大切です。
一般的な家庭用のコンセントは最大1200wで容量が許す限りタコ足配線も可能ですが、一方のポータブル電源の場合はひとつのコンセントで最大500wなど制限がされている機種も数多くあります。
ここで自宅と同様に家電製品を使用するつもりでついついいくつもの機器を接続してしまうのはありがちで、電力供給が足りずに起動できない程度で済むならまだしも、容量がオーバーすれば漏電や発火する可能性もあり故障の原因になります。
ましてやタコ足配線は厳禁で、電力供給が不安定になってしまいます。
コンセントが付いたポータブル電源に家電製品を繋げて使用する場合には、あらかじめ電源側のコンセントの最大出力容量と使用する機器の消費電力を確認しておくことが安心安全のために大切です。

ポータブル電源に関する情報サイト
効率的なポータブル電源の選び方

このサイトでは購入時に役立つような効率的なポータブル電源の選び方のポイントを解説しています。アウトドアなど電源がない場所での使用はもちろん、地震が多い日本では災害時の電力供給に役立つため注目を集めています。地震で停電が起きると復旧までに時間がかかってしまい、スマートフォンの充電がなくなると連絡手段も絶たれてしまいます。そんな状況を支えてくれる頼もしいアイテムを、失敗せずに選ぶための情報をお届けします。

Search